FC2ブログ

VTuberにハマる。それも動画勢じゃなくて配信勢の方。
配信頻度低めの某シスターだけならセーフと思ってたらコラボとか追ってるうちにどんどん深みに落ちて現在に至る。
正直言って時間泥棒ぶりがヤバいが、どうせスマホアプリとアニメ視聴に消えてた時間がそっちに移っただけだからまあいいか(よくない)
俯瞰してみると二次元のガワ被った萌え声の女が不器用ながらゲームしたりクソみたいな雑談してるだけのコンテンツを喜んで見てるって我ながら相当疲れてると思うが、そこに気付いて一線引いてるだけまだ手遅れではない…はず。
ちなみに特定の推しとかは居ないです。

■某部炎上問題
で、上の話題に続いて例のアレ。
正直去年まではそこそこ観てたけども実態が告発されてドン引きしてからはほぼ観なくなったねえ。
まあ急伸する後発企業にはありがちって感じだけども。
普通に考えれば裏垢を自分から流すって企業的には物凄いヤバいことをやってるんだが、運営側が正義を主張するにはあまりにアレ過ぎたので訴訟も出来ずにどんどん転落。
つーか動画製作ってだけでもコスパ悪いのに、プレイヤーをゲームタイトル別に用意するとか採算取れてんのかな。他の配信勢だってボロ儲けしてるわけでもあるまいし。

初期コストの回収や外部展開等を広げすぎて畳むに畳めなくなってる一方で、スタッフ間の関係性が修復が可能なのかという現実の板挟みがあり、後者を切り捨てる判断を取ったわけだが、
ツイートや外部コラボのようなオープンなコミュニケーションの部分を中の人が担ってきた以上は「声優はキャラクターの一部分」という道理は通らないと多くの人が思ったわけだ。
それを通したかったのなら一切コラボ等をすべきでなかったし、いまいち方針が一貫しきれなかったのは運営側の落ち度と言えるので「動画製作の他の裏方は何も発してないのに演者だけ同情誘って狡くないか」という当然の反論も効力が薄れる結果に。

まだまだ発展途上で横の繋がりってのを大事にしていかなきゃならないコンテンツだと思うが、こうして腫れ物になって生き残れるのか。
あれに対する見所ってもうそこしか残ってないなと思った。

■時事
・例の暴走事故
犯人書類送検だそうですね。
これで起訴、有罪に至っても遺族が浮かばれるかどうか微妙なところではあるけども、当初ネットで言われてたような逃げ切り成功にならなかっただけでも良かったんではないだろうか。

・闇営業
顔広い人間って大体反社との関係に行き着くよね、っていう話。
紳助みたいに関係を自分だけで留めるならまだしもそれを他人も巻き込んで利用しちゃう判断力の無さは素直にアホかと思ったけど。
個人的に面白かったのはザ・パンチの無能な方がまたしても相方の足引っ張ってたところ。もう解散した方がいいんじゃないだろうか。

■船

宣言通りの乙フィニッシュ。名誉目的ならまだしも、赤城の為だけに甲行くとかないです。
19sp_rw.jpg
クリア時点で燃料1万切ってた&イベント終了2日前だったので絶対フレッチャー出ないなと諦め半分でE4行ったらすんなり落ちてなんとかコンプ。
その代わり伊400とか未だに持ってないけど今更潜水艦掘っても…ねえ? 決してしばふ艦イラネってわけではない

・総括
何処が中規模だよ定期。
ていうか以前のハワイ作戦(16春)って大規模だったけど全部ゲージ1本だったじゃん。
エリア的に使い回せれば複数ゲージになるっていうならE1からE4までジョンストン島近海で一纏めにして4海域にまで圧縮出来るぞ。
そろそろ規模表現が詭弁になってることについて何らかの表明してもらいたいんだが、あの運営って意味わからんところで謎の頑固さ見せるからなあ…。

基本的に不評なイベントってゲージ回復やギミック復活といったプレイヤーの自由なペースで攻略させる仕様になってないことで理由が一貫してるんだが、
今回も友軍艦隊を段階踏んで遅らせて出してくることで荒れる。
しかもリアルイベントと連動させて最終的にいつまでに出揃うかオープンにしなかったことで、リアイベそのものへのヘイトすら沸き出してとうとうTwitterアカウント分離に至る。秋刀魚コラボの時とかも連日の告知がウザかったのに今更感はある

不評の根幹さえ理解していれば絶対に一線引けるのになんで同じ事繰り返すんかな。
個人的には連休外した時点で期間中ずっと忙しくて攻略クソ遅かったからあんまり遅延して来ても支障無かったが。

・E1
先の札がわからんので戦力セーブし過ぎて時間かかるといういつもの失敗。
何度も言うけど(工夫もクソもない)潜水ボスじゃないならどんな仕組みでも文句は少ない。
・E2
地獄。
潜水ボス、輸送護衛強制に並ぶ三大クソ海域である、戦闘回数過多のパターン。
報酬がショボかったら即座に逃げてたと思うがよりによってネームド機なのでしゃーなしに続行。
陸戦をエアカバーにして空襲乗りきれというデザインはわかるが、それならもうちょい仕事してくれませんかね…。
扶桑型切っていいという攻略情報も見たけどいまいち信用しきれずに軽量艦隊に固執してみたが、実際残りの海域でも使わずに終わってたっていうね。
無駄に使うのも無駄に残すのも毎回のことだが、ここまで沼ったら素直に従っておいた方が良かったかも知れない。
・E3
難海域ではあるがそんなに嫌いではないかなといった感じ(※強化前の友軍使用)
どうしても飛行場が残るのでリットリオを第二に入れてみたりしたけど結局スナイプ頼りでしたとさ。
第一ゲージもムズいみたいに言われてたけど、このレベルなら試行回数稼ぎやすい道中難度なんだから泣き言いったらいかんわさ。
・E4
いつぞやのアイアンボトムサウンドであった「ゲージ進度によって攻略手段を切り換えろ」というデザインをギミックによって際立たせた感じの海域。
そのデザイン自体は構わんとしても何故前半の削り作業を敗北前提でやらせたのかは疑問。
とはいえ世間の評判ほど嫌いじゃなかったね。
友軍使ったのもあるけど何より支援が要ら(略
・E5
今回乙でもそこそこ難度調整出来てたね。いつもカスみたいに落ち込んでたのに。
それにしてもすっかりレは当然のごとく出るようになったな。開幕雷撃とかつまらんだろうに(ブーメラン)

■アニメ


追記予定。なるべく今週中に。



週1海域くらいのペースで攻略してんね。
資源がご覧の有様なので最後は乙で行こうっと…。

EOとかほったらかしだからイベント明けこそ地獄かも知れない。



こっから始めて、



今ここ。
あと正味2週間くらいらしいが、せめてE4までは甲と考えてたのにこのままじゃ絶っっ対に間に合わんな。掘りに至ってはもはや考えられる筋合いすらない。
ていうか油とバケツが半分飛んでるって今比較して初めて気づいたよ。
前回の反省から鋼材多めに集めておいたのに小型艦ばっか被弾してるから全然減ってねえや。

こちとらこんな様子だが界隈では早くも総括が始まりつつあるいつもの流れ。
そこで出てる感想については大方納得してますよ。同意しすぎて辞めたくなる程度にはモチベーションが足りない。

難易度制になってから少なくとも完走だけは続けてるけども、今回ばかりはどうなるかな。
時間危うい上にやる気も無いんじゃ…。

GW明けにかなり早い夏風邪を引いた。…ていうかあの頃普通に夜寒かったよね?
そんでもって体調崩したタイミングで何故か仕事がちょうど激化していくいつもの流れ。
仕事こなして調子悪くするならわかるんだが時系列が逆だから困る。こんなのただ自己管理ド下手なアホじゃん。
その他にも職場のリーダーが時期外れのノロ感染してフォローに追われたりしてなかなかきっつい1ヶ月であった。
そんなこんなで梅雨が始まります。

■池袋事故
ネット上の関心が高いニュース。
最初は秋葉原通り魔みたいな凶悪犯罪かと思っていたら運転手は杖を使用し歩行しているような高齢者と判明。
以前からネットでは危険運転手の存在が問題視されていたし某公共広告機構でも免許返納を促していたわけにも関わらずこの惨劇。

ところが、運転手が何故か逮捕されないというところで話題の中心は妙な方向へと進み出す。
運転手はただの高齢者ではなく受勲経験のある元エリートと判明。
何かと権力に弱いなどと揶揄される警察のことである。今回もそのケースなのではないかと批判されることに。
事故後即座に運転手が入院したのも「本当に負傷したのか、政治家がよくやるアレではないか」等とも言われることに。
以上、概要。

まあ国も勲章を免罪符や殺人許可証のつもりで授与してるわけではないんだけども、それくらいしかこの判断の説明がつかないのも正直否めない。高齢者の逮捕自体は普通に起きてるからね。
「逃亡、証拠隠滅の恐れがないから」と説明されても、事故からSNS削除を指示したという流れは恐ろしいほどスムーズだったわけで。
もしそこに「医師が止めていたのに運転を続けるつもりだった」等と書かれていたら心象は更に悪化していくこと確実である。
これ以上消せる証拠が残ってるかどうかは知らんが、罪から逃れる意思は普通に見せてるんだからこの説明で終わってしまったら忖度か節穴の判断だよねと言われても仕方ないと思う。

テレビやネット記事でも「不逮捕特権なんてあるわけないだろ!」という意見が出てるし、俺も半分はそう思ってたんですけどもね。
しかし「運転手の回復を待って逮捕する方針」っていうなら事故の最初に報道されるはずだがそういうのは無く事情を聞くに留めるとしか出て来ない。
そこから1ヶ月ほど経ってようやく退院。
警察に出向いて話が進んだと思ったら今度は運転ミスを認めずに車の欠陥などと話し始めたことで更にネットの批判は激化。
ていうか本当に逮捕する気ねーのかよ。「退院したらやるだろ」とか言ってた奴ら赤っ恥じゃねえか。

そうして炎上が治まらない中、反論側が次に持ち出したのは「逮捕の意義」とやらである。
「事情聴取には協力的なんだからそれでいいんじゃないのか、それ以上の形式が必要なのか」という言説である。
何が言いたいのかというと、逮捕≒有罪のような風潮があるこの国において逮捕を叫ぶ連中はエリートの失策を喜び引きずり下ろそうとする下衆である、というレッテルを貼ろうとしているわけだ。
実際そういう連中も居るとは思うが、これはこれで事件の本質からズレた批判じゃないかねえ。
必ずしも車が無いと生活出来ないわけでもない東京の中心部で、足の悪い金持ちがドライバーも雇わずに自分で運転して起きたという事故についての社会的影響を無視している意味では同類じゃねえの。
つーか本当に特権なのかどうか結論出るわけがないし、だからこそもっと具体的な判断理由を挙げて欲しいってだけなんだがな。

話の主眼を勲章による不逮捕から高齢者の危険運転の方に戻す。
で、そうやって警察が仕事しないなら今度は自治という名の私刑に繋がると予想されるわけだが、
その流れがネット上で収まってるうちはまだしも実際に排斥する動きになりかねない不安はある。
喫煙者は実際そうなったわけだし、最近だと撮り鉄なんかも批判が大きい。
もっと行き過ぎた話で言うなら某やまゆり園の事件なんかは象徴的である。
解決に向かわない社会問題を人生を投げ捨ててでも提起しようとする危険思想が、高齢者ドライバーに向けられない保証はない。
その不安、不満を残さない為にも変な区別をすべきではないと思う次第。

なんだこの真面目な長文。きっしょ。

■某事務所の盛衰
また逮捕者です。
この一件に限らずグループ解散や所属タレントの犯罪といったネガティブなニュースが目立ってきているね。
後者については隠しきれなくなってきたのか風紀が崩れてきたのか。いずれにせよ力が弱まってるんだと察せられる。
つーか、タレントとファン両方の高齢化がエグいことになってるだろ。
新規グループにはかつての主力のような勢いはないし、代謝不全がヤバい。

まあ特に追いかけてるものとか無いけど、なんとなく思ったので。そんだけ。


■船
イベントへのモチベーションが微妙。
やる気がないわけではなくて残務処理に追われてるのが原因です。
ヘルキャットや瑞雲のせいでネジが無いからウィークリーとEOこなしたいし、戦果拡張のクォータリー任務が丸々残って死ぬほど辛い。加えてリアル事情は前述の通り。
結構な難イベっぽい匂いしてるし来月から挑戦していけるかなあ…。
なんかバグやらなんやらまた起こしてたみたいだけどそこは次回ツッコむ予定。

スキン変えました。
前のもモノクロで落ち着いてて好きだったけど、本文の表示領域が狭いのがどうにもネックに感じてたんで。
いいのがあればまた変えるかも。

■新元号
いよいよ発表され、平成の終わりを実感させられる。
戦争は起きなかったけど災害に見舞われた元号とよく統括されてるけど俺は嫌いじゃなかったです。理由は伏せるとして。
令和に関しては出典やら使用された字の是非やらですったもんだあったけど結局施行されていけば受け入れられるものでしょう。
ということを書こうとしてたらとっくにトーンダウンしててなんか格好悪い発言になってしまってる気がする。

さて。
退位の日からは少し早くなりますが、30年余りの御公務お疲れ様でした。
この後の駄文と併記することを容赦願います。

■イチロー
とうとう来てしまいました。
終わりが見えてはいたけどどういう形で幕を降ろすのかなと思ってたが、なるほど。
メジャーリーガーのまま日本の地でその姿を見せてくれるという特異な形式だったのは、彼の野球観そのものを映してるようだと思う。

引退してからのインタビューをいくつか読んだけど、
アメリカで戦いアメリカで生活を続けていても日本人であることを意識しているということが取り分け強調されてるように感じられる。
世界を前にして「自分は日本人なのだ」と胸を張るのは自己を確立し続ける強さが必要だと思う。
その強さがないと黒田や川崎のようにノイローゼになって帰国したり、某イラン人のように迷走して足元ガッタガタになったりする。
それを18年。日本人プレイヤーとして誰よりも長く続けることの難しさは、計り知れないという言葉すら生温い気がする。
引退してからでもイチローという選手の足跡を辿ってみたい。
プレイヤーから次の人生をどう送るのか早く見てみたい。
過去も未来も興味が尽きない偉人だと思う。
現役生活お疲れ様でした。

■宗教問題
某ニュースブログをよく読むが、最近日本にムスリムが増えてるとかムスリムに配慮する潮流があるという記事が増えてきたと感じる。
が、おそらく違和感なく受け入れられることはないと思う。
この国が仏教をベースにキリスト教が根付いてるといっても、例えばクリスマスなんて(起源はともかく今行われてるものは)家族や恋人を大切にしようというごく自然な感情をイベント化したものなんだから抵抗する性質のものではないわけで。
自分達が勝手に食わないだけで養豚に寛容というノリの教徒ばかりならワンチャンあるかも知れないが、
移民って事情はそれぞれあるとしても総じて切迫してるわけだからそんな都合よく選民されてくれないだろうなあ……。

■あの国
なんかいよいよヤバいね。
支持率がどうとか日本人の対韓感情とかよりも中国やアメリカに愛想尽かされかけてるのが。
このまま素直に統一出来ると考えてるのはいくらなんでもあのアホだけだと思うが、
その目標すら達成出来ずに全てを犠牲にしていって果たしてどういう末路になるのか。
流石に日本もそのリスクを嗅いで経済的に離脱も進んでるからダメージは比較的抑えられると思うが、さてどうなる。

■船
最近ソシャゲ疲れが出てきてる。
具体的にはログインやクエストをこなすのがログボ切り替わるギリギリの時間になったりそのまま忘れたり。
そんなサイクルで付き合うゲームの何が楽しいのかと問われると結構回答に困るが、すっぱり切れないのが己の弱さ。
その時間使って別のこと出来るだろうと思うんだが、うーん。

それはそれとして最近の成果。

hlc_fn.jpg

夜間機はとっくに終わってるので2機目になりますね。
俺としては相当成し遂げた感あるんだが、廃はこれをいくつも作ってるから次元が違うと戦慄する。
終わってみると案外楽だったかもと錯覚するけど新たにもう一機取り掛かれるかというと絶対やりたくない。
なんなんでしょうこの心理。

#最近のアプデ
・へり
史実軽視は今更だから特段怒ることではないけど、仮にも新要素に5段階も装備分けるのはどうなんとは思った。
そしてそこまで遠大な改修ルート作っておきながらまともに運用するの日向だけって開発のコスパがあまり宜しくないし。
水上艦の爆雷投射より優位点作るとかしても良かったんでないかと。
その辺は最上改二を実装する時にでも考えてるのかねえ。

・撃墜軽減
ジェットの損耗率高すぎるって実装当初から言われてたのが、よーーーーーーやく改善された模様。
ていうか、わざわざ有効装備を名指ししてるけどこういう仕様を一括で処理するための艦載機の回避や装甲のパラメーターではないのか…。
まぁ数値参照で決められると敵にも利点が出てくるけども、どうせ枯らせられる編成って限られてるし構わん気もする。
ていうか六○一や六三一のような末期の隊がハブられてるとか嫌なところでリアル見せられるの困る。

■ラノベ
#精霊使いの剣舞
はい、お疲れ様でした。
散々付き合って投げ出すのもアレかと思って20巻(+1)も付き合ったけど、それだけの価値があったかというと正直首肯し難いところ。
結局前の感想の懸念そのまま書かれてしまってたし。

次回作も予定されてるっぽいけど付き合うかは検討中。
つーか、これとはまちが終わればラノベ卒業だと考えてたんだけども、さあどうしよう。

#キミの忘れかたを教えて
2巻です。
ストレートに言ってしまうと物語の進行から外れてる駄目な続かせ方だと思う。
作中時間こそ進んでいるけど、タイトルからいってもこの物語は主人公が生きていけるのか死んでしまうのか、そしてヒロインはそれにどう応答するのかというシンプルな問題に尽きると思われる。
地元で街興しタレントとして再開してそのためのコンサルタントを新キャラとして出すところまでは妥当としても、その新キャラが抱えてた燻りの解消だけで終わってて正直引き伸ばしくさいと感じるといいますか…。
物語の緩急が必要なのはわかるが一冊丸々クッションにする必要性については疑問といったところ。
そんな大長編の作品でもないだろうからメインをしっかり書くところに集中してもらいたいと俺は思いました。

#好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件
そうだね、絵買いだね。
読後振り返ってみて最初に思ったのはWeb小説って良くも悪くも基本をブチ破ってくれるなということ。
情景描写もない日常会話が冒頭なのに8ページ目でようやく主人公の名前が出てくるとか度肝抜かれるだろ。

良かった点としてはハーレム物と見せかけて最初のヒロインを大事にしてること。
悪かった点としては好感度カンストの理由が受験の時に優しくしたおかげっていくらなんでも弱すぎる所とか、
よくわからん蚊が元凶だとテレビで報道されてるのに終盤で好感度見えることを(信じてもらえないだろうという諦念で)隠そうとしてる不自然な描写があるとか、最初にヒロイン4人って設定しちゃったせいで捩じ込みがしんどい印象を受ける点。問題は正直多い。
ただ、エピローグの挿絵は素晴らしいね。これだけで定価の半分くらいの満足感はあったくらい。
絵買いして実際に絵だけで満足した例ってそうそうないからこいつぁ貴重かも知れませんよ!

しかしまあ、こんなん読んでもキレずに良いところ探そうとしてる辺り相当丸くなったと我ながら思う。
カクヨムってことでハードル下がってるおかげでもあるんだろうけど。
昔は文章力こそまともでも粗筋で同レベルだったり、カタルシス得るために無駄に胸糞展開入れて読後の不快感だけ残るようなのが散見されたし。
編集の手を極力介さずに無理して起伏作らず構成しているのはむしろweb小説の良さだと思ってるが、そういう非商業的な作り方で商業化している矛盾に対する読者側の消化が難しい心情も一理ある。
まあ、自由な創作スタイルが商業として昇華&認知されていくのはそれこそ東方ひぐらしfateの三大同人とかもそうだし。
個々の評価はニュートラルなスタンスで続けていくとしても、web小説だから駄目というレッテル貼りには繋げないようにしたいところ。

■アニメ
某話題になったアニメは観てません(2回目)。ていうかテレ東系列観てないんだよなあ。意外とそれでなんとかなるし。
まぁ例のPがただのちゃらんぽらんだと言うのは疑いないし、出されたものが不出来だというのも伝え聞く限り納得できるけども、
それでも(放映当時は)作った商品を宣伝してただけで批判されるツイッター界隈って怖いねとは思ったり思わなかったり。
叩いてみたらやっぱり埃が出てきたから批判側が正義という風潮にはなってるけどもね……。

ただそれを某船アニメや某アイドルアニメをボロクソに書いた俺が言えた義理かという話ではある。
ていうか今更だけど2期やるとかマジかよ……。
時雨主役って要するにゲーム会社の社員に主演させるという1期以上の地雷要素を世に喧伝していくことを意味するんだが。
当初の告知からだいぶ浮いたタイミングって印象はあるし、なんか言った以上は引っ込められないからやるみたいな消極的な制作だったりしないだろうなコレ。
もうほんと今の業界やべーな。って毎クール言ってるな。
あと別の船アニメも映画やるっぽいですね。
ガルパンの二番煎じ狙ってコケたみたいな不当なこと言われた割には意外と元気してるっていうか、むしろガルパンが死を迎えつつある気がするからこのまま見返してやれればよいね。

・ぱすメモ:パロネタ全振りアニメはなんだかんだ楽しいんだが低予算過ぎて切なくなる感情も正直あった。
・エガオ:戦争ものを1クールで描こうというのがそもそも間違いなんだが、それにしてもキャラの扱いが全般的に雑で腹立った。
・風が強く:IGはこういう硬派な作風上手いね。だからもうもしドラのことは許してやろうな。
・リヴィジョンズ:ちょっと悪い意味で斬新だなこの主人公……。ていうか芳忠ラスボスはもういいです。
・コトブキ:開幕で紫電がバカにされモブ空賊が零戦を乗り回しラスボスが震電に搭乗。作ったやつ海軍アンチかなにかかこれ。
・わたてん:最初ノリきついなぁと思ってたのにすっかりみゃー姉みゃー姉言ってる自分が居ることに気付く。動画工房おそるべし。
・同居人はひざ:悪い派手さもなく安心といえば安心。
・モブサイコ:とぼけた絵と思わせてゴリゴリに戦闘シーンを動かすこの緩急がすごい。
・ガリエア:キャラの可愛さは文句ないが、ただ原作を3巻消化しただけで12話を区切りとする構成を完全放棄してて唖然とした。無暗に改変するなとは思ってるけどさぁ。
・五等分:ファンは不満多いだろうけど、ED曲が凄い良かったです(こなみ)
・ドメカノ:原作以上に上手く構成してあるなと思ってたら原作者が批判しててイラっとしました。
・あすか:またこの手の悪趣味魔法少女ものだよ……。
・黄金の風:ギアッチョ戦にピーク持ってくる判断、ディモールトベネ。
・逆裁:なんでこんな映像にしにくい曲OPにしたんだ……。
・明治東亰:ヒロイン可愛いの一点で視聴。
・かぐや様:原作が良いから破綻せずに済んだものの、かぐやの声カッスカスで合ってないだろ……。
・W'z:ハンドシェイカーより話わかりやすくて良かった。ハンドシェイカー見ないと話わからないけど。
・SAO:原作知らんので普通に大団円だと思ってたら続くっぽいです。ていうかそれを公式がYoutubeでネタバレしてきやがりました。地域格差上等かアニプレックスよ。
・禁書:そもそも2期の時点でギブアップしてるからクソでもなんとも思わんです。

ハチナイ見ないとなぁ。とりまニコニコで1週遅れでやるっぽいからそこで。

P.S.
一回通信エラーで書きかけが消えて萎えた。