スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年10月15日 07:04

引き続き。しょうもないことばっか書くけども。

■夏アニメ
数だけはアホみたいに見たけど全体で言うと不作だったように思う。
ていうか実際問題数がアホみたいに増えてるようで。大丈夫かこのビジネス。

・アビス
王道ファンタジーに見せかけてなんか微妙。
なんとなく、こう、ゆるいキャラが痛めつけられる性癖を見せられてるような感じがする(偏見)
・恋と嘘
先延ばしエンド。まぁそうなるよね。
友人キャラのホモ描写とか全く意味無かったけど、ああいうトータルで貢献しない設定は媒体変えるタイミングで消してもいいんじゃねえの。
・3P
全体的にはメインテーマを無碍にすることもなく、キャラの魅力も描けていたと思うが、
海外の隠し子や島の生贄といった設定が時折謎のエロゲ感醸してるところとか、
後半になってロリ相手のラブコメ描写が行き過ぎて同級生相手の普通な付き合いが薄れてるところとか、割と不満が看過できない作品だったと思う。
・Newgame
1期観てなかったけどなんとなく。
美少女動物園を以てしても中和出来ないギスギスはなんか逆に癖になる。
・クリオネ
あんまり話自体面白いものでもなかったけど、キャストの演技が…何よりキツい……。
・てーきゅう
今期まで観てなかったけどなんとn(ry
曲はいいよね。
・ノラとと
もうなんか不作過ぎてこれが一番楽しみだったりした異常事態。
こんなノリでもラブコメ感維持してた未知とか母親回にシャチ出てたところとか原作ファンへのサービスも忘れないのが素晴らしい。
あとはユウラシアちゃんがノラのことすけべねこって呼んでくれたら100点だったんだけどなー(難癖)
・よう実
作画は良い。それだけ。
デスゲームでもないからキャラの必死さに違和感が拭えないとか、基本的に自業自得なのに逆転の手法はダーティーでカタルシス微妙とか、
そもそも根幹を成す制度に“ポイント”なんてバタ臭さ全開の単位を通して使ってるのが没入感削がれるしで問題だらけ。
言っちゃ悪いが改変なんて些末な問題。
・はじギャル
多分原作はここまで古臭いノリではないと思う。
・サクラクエスト
終わり方はスマートだったのに題材が題材だけにすっきりしない感じがする。
・ゲーマーズ
そんなに動きの激しいシーンが盛り込まれてるわけでもない話なのに絵が如実にヘタれていってるのも問題だったが、
それよりもアニメ以前の問題としてキャラが内外共に弱いのと展開の強引さが目につく。
「負けるのは悔しいけど特に鍛錬はしない自称エンジョイ勢」って普通に考えて意味わからんでしょ。
百歩譲って成立するとしても恋愛に使える要素ではないどころかこの設定から想像されるキャラって高確率で厄介が想像されるはず。
にも関わらずそのスタイルを明かすことでヒロインに生活に支障来すレベルで堕ちられても没入出来るわけがない。
強引な誤解スパイラルについても「その立場で考えるなら仕方ない」ものならともかく意図的にワード削ってることがあってそちらも完成度が微妙。
「やりたいことはわかる」で目を瞑るのは他の評価点を損ないたくない時だけだ。
・神バハ
前作の色んな土地で仲間が増えたり追手に迫られたりする冒険感が良かったのに、
そういう要素あったの竜の里→神界の時くらいだったせいでどこか退屈な展開に感じた。
あと、絵だけでキャラの感情を伝えようとしすぎてたのかな。ところどころ分かりにくい。
・アルタイル
普通に面白いのに話題が全くない気がする。あれぇー?
・ひなろじ
「1期あんな謎の出来だったのにどうするんだよ…」と思ってたら、舞台思いっきり変えて百合化させるというアクロバットが展開されていた。
絶妙に健全な範囲でエロいところとかうっかり騙されて観てしまった。
・ボールルーム
基本的には「局所的に異質の才能を発揮するド素人」というスポーツ漫画によくある設定。
ただそれを知名度の低いジャンルでやるとよくハマるわけだ。アイシルみたいに。
・ナイツマ
クロムクロの時に言った「兵器を扱う葛藤をカットしたらどうなるか」を表した結果だと思う。
無邪気のつもりなんだろうけど戦場におけるそれはサイコパスにしか見えなくてヘドが出る。
いくら見飽きてようとカットしたら駄目なものは駄目なんだよ。たとえばエロゲの破瓜の痛みのように。
・プリンセスプリンシパル
物凄く陳腐に言い換えると「モブが所々で死ぬ美少女動物園」という感じ。それ以上の評価はしない。
時系列シャッフルなんてクソ面倒な構成してても見返すことなくわかるのは基本的に伏線なんて無いということだろうし、
1話だけ世陸の振替でボールルームと被ってたからそっち優先して飛ばしたけどそれでも話付いていけてるしな。


それにしても本数多い。
これでも意図的に削ってるはずなんだけどもねー。

■らのべ
・はまち
散々っぱら待たせた挙句まだ完結じゃねえのかよ……。
言い訳のような序盤の振り返りや、見開きで何の情報もない駄弁りだけで構成されたシーンには大層ブチ切れそうになったけども、
それ以上にキレたのは最後の陽乃の一言。
共依存。
二次元が最大級に言える筋合いの無い言葉である。
その関係を定義せずにあいまいに済ませてる事例がどれほどあるか。
例えばエロマンガ先生なんかはモロである。冷静に俯瞰すると超絶気持ち悪いけど誰もそんなことまぜっかえしに来たりはしない。
それを言ってるこの作品だって作者が無駄に且つ勝手にシリアスに走りすぎてそういう思い詰めが発生してるだけだろう。
つーか「トラブルが起きた時に頼り頼られの関係がいつも同じ」ってそもそも共依存か?
再編しようのない少数の組織なら絶対発生するだろそんなこと。
守られ系ヒロインがムカつくとかそういう感情論なら知らんけどな。

もう、初心に帰れよ一旦。
ぶっちゃけ1巻なんて自分なりの筋を持った陰キャが俺ルールを押し付けるリア充に一発かますだけの話だっただろう。
それによってヒエラルキーが変わるわけでもなく単に主人公がスカっとするだけという明瞭なエンタメだったはず。
ウジウジと覆水を盆に返そうと地面引っ掻いてるようなじれったい話を当時期待してた読者なんて居なかったはずなんだ。
結末が予想出来ない作品であるけど期待も出来ない作品は駄目だろ…。



1セクション残しあるので追記予定。
スポンサーサイト

2017年10月06日 03:44

近所の色んな店が一斉に閉店してた。中には半世紀くらい続いていたものも。
まあ時の流れというものは抗いがたいのだが、
その空いたところに渡りに舟とばかりに選挙事務所構えてやがるせいで感傷もクソもない。
政治不信ってそういう些細なところから来るんだなと思いました(極論)

■大いなる減点法
最近のオタクの感想基準はそんな感じがする。
「一点の仕様が気に入らないからクソゲー」みたいな。「こういう話があったからクソシナリオ」みたいな。
飽和し過ぎて迅速に可否を見極める必要に駆られた結果なのか、寛容を認めない精神が形成されてしまってるのか。
まあ人のこと言えないけども、腰を据えて向き合えないカルチャーってかえって無駄が多いのではと思う。
我慢して付き合って最後まで良化しなかった時の喪失感も非常に辛いから気持ちはわかるんだけどな!

■政治
なんかこの前解散したばっかの気がするのにまた選挙すんのか…というのが素直な感想。
野党の統率の取れなさから言っても見えた結果だろうし、多分今回投票行かないんじゃないかなあ。
しかし次自民が勝ったらいよいよ消費税10%も間近だろう。
末端の人間にとっちゃ実負担の増加が2%どころじゃないから仕方ないと言えない問題。
この辺の価格変動を政府が介入してしまえと言いたくなるけどそれじゃただの社会主義よね…。

それにしてもモリカケ隠しってなんだよ。
あんだけ時間使ったんなら追及しきれてない野党の責任であって隠しもクソもないだろ。

■芸能
#真木よう子問題
どこまで言ってもローカルルールの押し付けになるけども、郷に入ってはなんとやら。
基本的に自費で参加する前提の場でクラウドファンディングはそりゃ皆怒るわ。
自費で製作して出展するかコミケを利用しないかのどちらかなら何も言われてなかっただろう。
つーか、この女優「SP」に出てたことしか覚えてないんだけどその間何してたんだろ。この一件も炎上商法だったりするのか。

#水原希子問題
これはよくわからん。
別に日本賛美してるCMというわけでもないのに外国人を起用して何故炎上してるのか。
過去にデリケートな部分を触りにいったことのある変な人物というのは調べてわかったが、
ただ好感度が低いタレントだからって騒動の規模が妙に大きい。
まあ顔は好みじゃないし演技も上手くないから肩入れしたくもならないんだけども、なんか変な感じ。

#先日の林修の発言
TBSの冠番組のスペシャルにおける灘高校に関する発言について。
「文科省の検定教科書なんだから使うなと政治的に圧力をかける方がおかしい」という主旨は理解できる。
が、その途中のバラエティのノリで「兵庫の県会議員なんて」と某野々村やら何やらを持ち出して茶化そうとした点が聞き捨てならない。
実際、無法地帯と化してるのは感じているが、そこで圧力をかけた個人でなく議会全体を非難するとなるとそこに票を投じた県民そのものへの非難になりかねない。ネタでもそういう意味だと捉えられる覚悟があっての発言なのか。
つーか、そんなことを言うなら灘卒で近年目立った人間として勝谷誠彦やtehuを持ち出して、林曰く「いい環境で(政治や国際問題を)学べてる」学校でもああいうアホが出てくるんだと喧伝したいところである。
そうして一部をフォーカスして全体を貶めようと思えば幾らでも出来るという不毛な話になるわけだ。
訂正を求めたい。

■野球
ファンだった選手が何人も辞めていくシーズンとなった。
いずれ来ることではあるとはいえ、寂しいものは寂しい。

■船
#夏イベ
17su_cmp.jpg

結局コンプしたっていう。

17su_st.jpg

今回こうして過去最大量貯めて挑んだわけなんですけどもね。

17su_fin.jpg

結果はこうです。はぁー…(溜息)

【E1】
いつもの(ry
結局丸一年このパターン続けたけど、全く変化無かったね。
【E2】
フラネ登場。二順しないレ級くらいのスペックがあるので今後こいつがそこらに湧くと思うと憂鬱である。
春はスルーしてたけど艦戦より制空値高い哨戒機って意味不明なんだけども、
「航空戦とは裏腹に砲撃戦が厄介な空母」を作りたかったのなら手抜きせずに別々に機体作るべきだったんではないかと思う。
【E3】
輸送。めんどくさい。
もうE2でフル支援始めてたから流れで続けてスルーしそうになったけども支援そのものが腐ってる現状を変えなきゃ肯定しようがない。
戦力側も戦力側でカットイン前提。……まぁ慣れたけどな。
【E4】
ダブルゲージの必要性が微妙。一本目が明らかにやる気ないし。
まぁ強いて言えば機動を無理矢理使わせて余計に札を使わせに来る狙いなんだろうけども、
そんなことより後半の欧州艦要求の方が札的には負担になってるわけで……。

雷巡持ちこんでもキツいと評判の後半ボスはなんか特効なのか乱数なのかよくわからないまま速攻が決まってしまって拍子抜け。
地獄がこの次に待ち受けているとも知らずに。
【E5】
フラソ、PT、空襲とパターンの異なる対策を通常艦隊で一斉に求められるカオス海域。
ちなみに唯一ダブルゲージもルート追加ギミックのない海域だったりするが、無かったら無いでこういうことするんだよなぁ……。
つーかPTが久々に出たと思ったらこの耐性はやりすぎ。
前は命中重視すれば割と押し切れたのに今回は明確に特効装備要るでしょ。それも複数スロット要求の。
それでいて対潜もヤバいことが多いから全く装備が追い付かなくなって理不尽さがエグいことになってる。
松輪攻略中に出て良かったけどここ掘るの無理だろ……。

結局空襲に陸戦を送って軽減することで突破。残して良かったビスマルク。
【E6】
難度は逆詐欺入ってるもののとにかく長い。まぁ、シナリオ上は補給線がキツいから大量に必要ってのもわかるけどな。
輸送マップではあるが水上で行く方がTP的にも良好且つルート進行に支障も無く支援も要らないというサービスっぷりなので甘んじて恩恵に授かる。
まぁやらせてる意味がわかるのは良いと思う。
【E7】
乙作戦:潜水がたまに丙レベルのやつが出てきたりするし、ボスには空母不在かつ戦艦も汎用のみ。
甲作戦:潜水は甲レベル固定、ボスにはフラヌ改と戦艦姫が固定。
一つ落としただけで一気にやり応えを喪失する。どうしてこう、バランスの取り方がいつまでもバカなのか。
ていうかぶっちゃけ甲以外真面目に設定してないんじゃねえの。

#最近の更新
・夜間戦闘機
工廠関連の任務がどんどんかったるくなっていく。これ年単位かけて終わらすもんじゃねえの。
別にハードルが高いのはいいんだけど、任務欄に残って邪魔なのがストレスなんだよね。
毎日消化する改修任務は後ろの方にあるのにいつまでも出来ないものを前に置かれたら普通に不便極まりないんだが、そういう状況にあっても平気で「嫌ならやるな」と言い放てる信者様にはちょっと引くわー。
「艦これのUIは元来不便なもの」とかドヤることじゃねえよ。そこまで言うなら一切改良とかするんじゃねえよ。

せめてF6F-5を直接入手出来ればいいんだが、イベントとかで出さないかねえ。

・さんま
他のゲーム始めたり地味に忙しい期間が続いてたりしてモチベの低さがやばい。
イギリスソナーは欲しいけども。


まだ書くこと残ってるけど長くなったので次回。
出来れば1週間以内に……。

2017年06月30日 05:14

■コメンテイター
ニュースに対する反応がSNSで即時に満たされる今の時世、ご意見番なんてものは求められているのかと思うことがある。
と思うのも、以前の元アナウンサーも含め、問題ある連中がやけに目立つように感じたから。
敢えて間違ったこと、過激なことを言って反応を得ようとするのはもはや仕事なのかどうか。
評論家じゃなくて放言家に肩書き改めたらどうなのか。

■加計
また次なるコント集団が現れたかと思ったら今度は深刻な問題のようで。
まぁガッツリ関係者の野党議員とか風俗通いのおっさんとか笑いどころも数点用意されてはいたけど。
これまでレベル低下を懸念して緩和させなかったという政策も一理あるんで、これを見直させただけで終わりという風にはなって欲しくないと思う。

どうでもいいけど、もう今年だけで忖度って言葉を一生分聞いたんじゃねえかな。

■艦これ
#最近のアプデについて
・熊野
し っ て た
一応二隻持ち目指してはいるけど素ステは高くても搭載のショボい軽空母がそこまで要るのやら。鈴谷だけでよくねという気もする。
・長門
待望の、って割にはなんか地味。
独自のフィットとか言われても検証なんてやらんし。それより目に見えて増えたコストのせいで更に肥やしになる予感。
・由良
特化型には敵わんと何かとディスられがちだが使い道思いついてないだけという気もする。
普通に主/副/戦/甲でうっすら全フェーズ参加する型でも何気に唯一のポジションだったりするわけで。
どうせ極端なのは阿武隈複数持ちして引くに引けなくなってるやつなんだろうけど。

・砲熕兵装資材
余計なアイテムという印象。
これを消費する代わりに更新のネジ減らして1つ目は作りやすいけど量産させないようにするってんならまだしも、ガッツリ従来通りでハードルだけ上がってる有様という。
んで更新先のアイテムも火力上がんなくて改修値取り戻すのが面倒なやつばかりだし。あと架空兵装にしては改良点が超地味でロマンも無い。
上方修正来てから作り始めても充分なんじゃないかなと思う。

#春いべ
感想遅いけど、まあいいよね!
たまたま掘りに苦労しなかったというのもあるが、超無難に終わった。
ただ新しく手に入ったこいつらによってゲームとして面白くなるのかというと、どうなんでしょう??

##E1
いつもの対潜哨戒(4回連続6回目)。
微妙にパターン変えてきて工夫してるのはわかるが大きな括りではそんなに変わらんからそろそろ飽きた。
かといって空襲や夜戦を全開にされても嫌だが…。

##E2
早くもダブルゲージ。
長さ自体は相応に調整されてるし史実艦のルート制御もそこまで強制感出してないというなかなかの良調整。
戦力側のボスの固さは特筆する人が多いだろうが、もう中盤で魚雷カットイン要求されるのも慣れたよね……。

##E3
今回一番のクソマップ。
輸送連合は大嫌いだとしつこく言ってるが、基地航空隊とセットになっているマップだと多少はアレルギーが薄れるかも知れない。
あの、アレですね。5-5も嫌いだし秋E4もクソだと思ったしで、要はフル支援前提のマップが嫌いなんですね僕は。
同じ難海域でも対潜や夜戦が大量だったら大して拒否感ないし。
その中でも
・編成が相当制限されるストレスフルな仕様。嫌なら機動か水上で行けという極端な要求
・本来戦闘すべき第二艦隊ですら砲撃がなかなか当たらない。そのくせ雷撃はよく当たるので味方側の撤退要因だけ見事に増加
・先制雷撃出来るのは阿武隈改二のみ(当時)。札有りでこのバランス
・第一艦隊はひたすら耐えるだけでテンポが悪すぎる
・毎回高速統一要求で大して強くない速吸やあきつ丸が更に使いづらい
・そもそも輸送量・策敵・攻略のバランス模索というゲーム性は通常の輸送海域で実現出来ている
と褒めるところが殆ど無い。
その辺が何も直らないで1年半ずっとこの調子だからなぁ…。

##E4
97式艦攻の特効を利用する海域だったらしいけど、なんか普通に夜戦で撃ち抜くパターンに嵌めて終わる。

攻略中に択捉出たからいいけどここ掘るのは面倒だっただろうなあ…。

##E5
特効艦のバランスも大体良い具合に落ち着いたと思う。無視しても十分だが意識したらもっと楽にっていう感じの。
それはいいとして、縛りの達成者を見て「ヌルいって文句言ってるやつはこれくらいやれ」みたいに威を借る連中を見かけたのが不快でした。なんでやってもいないお前がエラそうなのかと。

■アニメ
なんか鉄血が未だに盤外でグダグダ言ってるのを見て軽く引いてる次第。
ただでさえクソつまんねえ(直球)のに口頭で修正してきた内容にも大して魅力がないとかもう駄目ね。

んで今期。
非Web産のラノベ原作が豊作かなーと思ったけど、終わってみるとそうでもなかった気がする。
まあでも視聴した本数は多かったか。

・ひなこのーと
欲望に正直なのはいいことです。

・ゼか魔し
正統派ファンタジーかと思ったがなんか地味に終わった印象。
ていうか、硬派に作りきるならまだしもなんで洋ゲーのパロとかやったんですかね。

・ろくアカ
なんか妙にテンプレを皮肉った冒頭で嫌な予感はしたけど、そこを乗り切れば面白そうに思えた。
が、それよりも話のダイジェスト感というかエッセンスだけ抜き出して雑味を取っ払って高速消化していくのが勿体ないストブラ現象。
惨い展開を惜しみ無く書けるのはそれはそれで価値があると思うんだけども、そういうところに目を止める間も無かったのは残念。

・カド
説明が長すぎてオチとかあんのかよと思ったけど概ねいい感じなんでないかと。
それよりMAOのひなこのーととの役の高低差に頭キーンってなる。

・すかすか
キャストに若干の不安はあったが、凄い綺麗にまとまってた。
タイトルで損してるよなあ…。

・マキャベリズム
馬鹿アニメのまま突き抜けてもらいたかった。

・サクラクエスト
やたら地味地味言うけどお仕事シリーズが派手だったことなんか無かっただろうに。
何となく例のブラック騒動によってネガティブに振れてる感想が多い気がする。

・冴えかの
不満点があるとすれば全部原作のせい。
あとはまあ、クオリティ重視にしてもいくらなんでも色々と遅くない?って所くらい。

・覆面系
少女漫画ってどうしてこう、感性に逃げて筆舌を尽くさないのか…。
見るべきところはあったけど同じ歌を延々繰り返すところとか結構視聴しんどい。

・サクラダ
今期唯一切ったもの。
少し前のラノベって大体こういう鼻につく感じがある。氷菓くらい薄めてくれたらまだ見られるんだが。

・オラトリア
紐神とはなんだったのかってレベルで話題希薄。
まあ本編もあんま集中して見てなかったけども。

・バハ2期
1クールに短し2クールに長し、と感じる。
金あるんだし配信限定とかで自由に話数切って作る試みに出るのは難しいんだろうか。

・進撃
まあ、カバネリ作るくらいならこっちに集中させるべきだったよなあ…。

・月がきれい
まだ受験の結果というオチが付いてないけど一緒の高校になろうと遠恋になろうとあんま感想変わらんから今書くけど、
過剰宣伝もせずに隠れた名作になるんでないかと期待してたんだが、どうも後半伸び悩んだ感じがある。

冒頭の非常にありふれた学生の一コマを繊細に描くボーイミーツガールというところには逆に新鮮味があったのに、
そこからどう着地させるか迷ってたんだろうかなんか繊細が地味へと劣化していった印象。

中盤で付き合うことになったわけだけども、邪魔される存在を押して関係を揺らがせることも中途半端だし、
じゃあいっそ順風に関係を進めるかといえばキス止まりを数話続けて停滞という。
番外編でセックスに焦って別れるカップルを描いて純愛っぽさを対比させようとしたのかも知れないが、正直あざとい。
はっきりとやるやらないの意思を明かすのは決してゲスいことではないと思うんだが、変に別の存在で触りにいったせいで不自然な感じになってしまってた。

あと、小説家志望って設定は「付き合う前に小説のネタとごまかして相談する」為だけに使えば良かったのに、編集に逢って否定されてからどうにもグダってるように見えた。「太宰は太宰は」と独白していくなら普通の文学少年でもいいわけで。
ついでに祭りで踊る役割とか要ったのか。集大成の当日があんまり盛大な演出するわけでもないし、その後でよくわからない嫉妬でヒロインと喧嘩するっていう妙な展開で台無しになってたし。
特に強い動機もなくただtrue tearsをパクりたかったのではないかと邪推したくなる。

最後にもう一つ文句言うと、カバー挿入歌ってのが嫌い。おそらくあの花の影響だろうか。
流行ってた当時の気持ちを呼び起こしながら見て欲しいみたいなことなのかも知れないが、
原曲の持ってるメッセージ性を勝手に吸収して言外で演出してるような安直さが姑息だと思う。そのくせ曲そのものをなぞってるかというと都合よく捨ててるわけだし。
せめて1曲だけどうしても入れたかったのならまだしも東山奈央のカラオケ独演会状態の連発。安っぽい使い方でリスペクトも感じられないととにかく最悪。
すかすかのスカボローフェアはしっかりと使う意味を込めた物だから感動したけど、ああいうのを見習って貰いたい。

何故そこまでアニメのカバーを嫌ってるかというと、この作品の脚本の前作であるバッテリーがカバー曲利用した超不快な駄作だったから。
もうマジで気分害するから逆に見てもらいたいレベル。
脱線しまくったけど気にしない。

・エロマンガ
学生兼プロって設定がなんかだんだん受け入れづらくなってきてる。過去のラノベレビューでも何作か指摘したことあったが。
原作ちょっと読んだけどブラック過ぎない内輪ネタ暴露が面白いのであって、それ以外のストーリーラインで勝負できるものではないと思う。まぁ無難は無難だけど。
まぁ、とりあえずTiv先生お疲れ様です。

・グラブル
なんで最後に駄目なソシャゲ原作の典型みたいなことしちゃったんだろうな……。
「ある意味あれが原作通り」とか「どうせストーリーなんか誰も気にしない」とかファン周りは言い放ってたけど普通にグラン君哀れだと萎えた。
とりあえず来季の土曜は見るもの無さそうで安心。

・蔵六
こんだけファンタジーバトル要素を出して家族愛がメインのように見せてるのはちょっと高低差がしんどい。
ていうかこれ途中で飽きたかテコ入れかなんかで展開曲げてますよね?

・ID-0
アクティブレイドじゃいまいちだったけど、伏線回収といい燃えの持って行き方といい往年の名監督らしい作品だった。
何かと業界全体の劣化が嘆かれてるけど、面白いものはまだ生まれるって希望が持てたのは一作以上の価値があると思う。


■ラノベ
最近あんま読めてなかったりする。

・「精霊使いの剣舞」
やけに刊行遅いと思ったらゼロ魔の代筆してたらしい。そう言われたら批判しにくいな…。
もう国同士の戦争がどうとかいう話になってからよくわかんなくなってきてるけど、こうなったらオチまで付き合うさ。

・「CHAOS;CHILD children's revive」
話そのものはインスタントな迫害問題を合法な報復で乗り切っていくスカっとジャパンかよと思うようなシンプルな短編という印象だが、
そんなことより、これを入手するために相当数の店舗を渡り歩いたという点を特筆する。
というかこのレーベル自体がどこ行っても少ない。月毎の最新刊の入荷も少数だし、
放送中(当時)だったクロックワークプラネットすら置いてないところがザラという事態。電子書籍版にしようかとも一瞬考えた。
まぁラノベ自体が斜陽という事実も否めないが、その中でも特に講談社ラノベ文庫はヤバい。

ところで「はまち」がまた延期したと聞く。
大したオチは求めてないのに何を長考してるんだろうね…。

■ジャンプのラブコメ
なんか新連載の評価があんまり芳しくないようだが、俺もそう思います。
-前に見た設定×2
 メインヒロインが女優、対抗馬がレイプ未遂ってまんま恋染紅葉とパジャマな彼女ですよねっていう。
 ヒロインとの接点が希薄なのが原因で人気出なかったゆらぎ荘の作者は同じ轍踏んでるの見てほくそ笑んでるのではなかろうか。
-暴漢という安直なトラブル発生
 もうこれ再三言ってるけど、最悪な関係から一変させる手段としてあまりにも安い手。
 ジャンプ的にはI'sとか通過してきてるし、これありきで進めることに違和感持ってないのかも知れないが……。
 あと、女が助けてもらった男に即座に恋愛感情持つかというとそうでもないらしいってどっかで見かけた。
-主人公の成長への期待が
 空気主人公がいいか個性派主人公がいいかというのは永遠の命題と化してる気もするが。
 でも、個人的に恋愛ジャンルで一番大事なのは「ヒロインが主人公のどこを好きになるか」だと思ってるし、そこが最大の腕の見せ所なんではないかと思うわけで。
 「じゃあ他の男だったら駄目なのか」とか「主人公はタイミングが良かっただけの存在なのか」とかに反論出来ないようでは冷めてしまう。
 まあ別に反論出来なくても「それの何が悪い」と勢いを持たせられるならいいんだが、そういうものにはしばらく出会えていない。
 そこで手っ取り早いところだと主人公に趣味や夢を持たせてそっちにヒロインの共感を得させて徐々に、っていうのが無個性派の王道だけども、
 この作品に関しては本当にただのオタクというところで設定が終わってるので前述の理由付けをちゃんと回答出来るのか、って疑問は凄く強い。
-共感は必要だが同一の感性は駄目
 じゃあどうやってヒロインに興味を持たせたかというとヒロインも隠れオタクという設定に走った次第。
 でも、オタクがオタクに興味持つって普通の成り行きですよね。意外もなにもないですよね、って話。
 なんだったら「この垢、毒の吐き方が面白いな」だけで良かったんですよ。きっかけは。毒舌のセンスがどうしようもないからそれも不自然さが否めないけども。
 そこで趣味も何も合うってなったら逆に気持ち悪くならんのかとか、それって恋愛感情じゃなくて友情止まりじゃねえのかとか、色々と今後のことが苦しくなるような設定だなと思う。
 打ち切り作家なのに逆に難しいことトライしすぎなんじゃねえの。
-読み切りによる過去作
 この作者読み切りで相当数ラブコメ描いてるけど、そこだと尺に合った設定でまとまりの良い話になってるんだが、
 なんでこんな無茶な導入を乾坤一擲の連載に持ってこようとしたんだろうか。編集も悪いよね確実に。

とまあこんな所感を述べたところで今後の発展を期待(世辞)して締めようと思う。


長文書く暇ないくせに長文投稿しようとする癖、そろそろ改めたい。
ていうかキーボード壊れてからあんま打ちたくないんだよな……。

2016年12月21日 17:15

2016年も佳境です。
オリンピックとかあったけど全く触れてねえなそういや。馬鹿なブログですこと。

■流行語
今年はとうとう騒動に発展。
まあこんな選定してたら遠からずこうなってたわなという感想。

「バージンだと病気と思われるよ」とか「透析患者は殺せ」も入れとけばいい隠れ蓑になったんじゃないですかね(適当)

■秋イベ

↑before | after↓



初めて前後で記録してみたけどバケツだけ妙に減った感じです。
ステージ別の講評は…まあ今回はいいか(単に面倒なだけ)



そういえば攻略中にまさかのコンプ。
アクィラ欲しかったけど設定されてないんじゃどうしようもねえやな。また次回。

■その他ソシャゲ
#グラブル
ログボ勢に戻る。
というか元からSSR引いては「わー強いなー」と試して終わるを繰り返してただけだが。
DOアーカルムが糞だったとか水着ゾーイのバランスブレーカー振りとか渾身下方修正とかそんなのはどうでもよくて、
日頃やることが多過ぎる上にそれが殆ど運頼みしかないことのしんどさに折れたという感じ。
これはもうそういうデザインなんだから小手先の修正とかでどうにかなるもんでもない。

あと「コンセプトが合わない」でいうとケモ耳とか角とか邪魔でしかないと薄い本眺めてて思いました(中学生並の感想)

(12/29)レジェフェス爆死。石9000あっても所詮こんなもん。

#モバマス
アニバーサリーだけ頑張って文香Max作っておいた。
スタハ400くらい飛んだけどもどうせイベントもろくにやらんし。
一切情報見ずにやったけどダブル特技って本当に強いんかえ。

#スクスト
貯めてたガチャチケおもむろに使ってたらEXRほたる来ちゃった……。
これぞ継続は力なりってね!(違います)

#花
ビワを引いてそのままアンプル培養育成に移行。
そろそろ戦力も頭打ちしてきたし石をガチャ以外に使って行くべきなんだろうけど、
こうしてたまの虹引きがあるからやめられんのです。
つーかこの1年、配布だけで6回くらい引いたから言われるほど「お花は最高レア引けない」ってイメージが無い。
狙うと地獄かも知れんが出るときは出るよという感じ。
反面、虹染めとかしなくても普通に遊べるのは良いことだと思うんです。

■ラノベ
今年は読めてないっていうか買えてない。
良さそうなのもあったけどなんとなくスルーしてそのまま仕舞いって感じで流して一年。うーん…。

そういえば魔王な彼女と村人Aが完結したそうで。
ちらっと読んだけどあからさまに打ち切りというか消化不良で終わってあー…ってなった。
もっとこう、あったんじゃないかと…。

あとなんとなく今まで一冊も読んでない「冴えカノ」の最新刊読んだくらい。加藤めんどくさ可愛いな!

■秋アニメ
開始期から触れられてないのはそのまま切ったやつ。
・イゼッタ
好みではないけどよくやった作品だとは思う。戦争におけるハッピーエンドなんてこんなものと言うメッセージはあるのかも知れないが、魔法の話なだけに奇跡が欲しかったのが個人的な感想。
・WWWorking
終わってみれば良かったかも知れないがカップルを応援したくなるまでにかかる溜めが長すぎる。何が言いたいかというとぽぷらちゃんマジ良マスコット。
・ユーフォ
1期に感じた不透明な部分に対する不快感は解消されてたと思うが、やっぱり基本的に女の嫌な部分見せつけられるアニメ。
・フリフラ
非常によく動いてて製作が楽しそうなのは伝わるけどこういうカオス系はきっと売れない(無慈悲)
・レガリア
作り直す必要あったの?(二度目)
・舟を編む
無難。しかしこういう出来でいいと思ってしまう程度にはアニメって駄目なのが溢れてるなと。
・ガリナン
奇を汀った導入の割にはその後が平凡過ぎるから普通の作品以上につまらなく見える。この作者こんなんばっか。
・亜人
大体楽しめたけどクライマックスだけ駆け足過ぎません?
・オカ9
終わってみたら大方すっきりしたけど、なんだろうねこの胃もたれ感。伏線撒きすぎたのか。
・ジョジョ
作画厨の文句がやたら目についたけど今時こんなもんじゃねえの。いやマジで。
・ブブキ
流し観してたら全くわからんまま終わりました。


はい、また来年!

2016年10月29日 16:29

■長谷川豊問題
元々この手の炎上商法か口汚いのを舌鋒鋭いと勘違いする馬鹿かよくわからん手合いは嫌いで、消えてくれるのは大変喜ばしいことであるが、
真面目に主張を考えるとしても、透析の自己負担のボーダーを過去の生活態度に依存させるというのは無理。
民間の災害保険のノリで言ってるんだろうが生き物の病理なんか解明出来んし、無理矢理やればまた別のトラブルになります。
素人考えの代案を押し出さずにまず人工透析の全額国負担を見直すべき、ってんならまだ聞く耳持てたかも知れんがね。

しかしブログちらっと読んだけど文のノイズが酷い。
話し言葉感覚で書かれた文て思いの外読みづらいのな。
文章はね。要点とそれを繋ぐ整合ある語句さえあればいいんですよ。
まして元アナが。漫談家紛いの汚い文書いてなにが「言葉のプロ」だと。
ま、更新頻度も少ないし更なる炎上が起こるまではあんなとこもう見ないと思います。

■夏アニメ
不作かと思ったが数少ない良作が刺さった感覚はある。
・あまんちゅ:放送枠も製作も脚本も一緒だからふらいんぐうぃっちのノリを期待してしまったがそんなんではなかった。うん
・アクティヴレイド:1期よりは良かった気がします
・orange:唾棄すべき代物かというとそこまでではないが、かといって素直に吸収したくもならない話
・クオリディア:CG技術除いたら90年代に作られたんじゃねえのかってくらい稚拙
・クロムクロ:綺麗に終わって良かった。むしろ綺麗にまとまりすぎて逆に物足りない感まである
・レガリア:別にやり直さなくても良かったんでないのこれ
・バッテリー:児童文学をバリバリの腐狙いで描く時点で罪深いが、唐突に他校の生徒の内輪揉めがメインになってて何だこれ?
・91days:どうしてもマフィア物なんて一定のホ○臭さはあるけどオリジナルにしては非常によくまとまったかと。
・逆裁:途中からゲームの演出のトレースしかしなくなっててアニメ化の必要性が極めて怪しいことに
・rewrite:バッドエンドかい!そんで分割かい!
・ジョジョ:なんか結構不満の声も出てきてるけど単に思い入れ強すぎるだけじゃないのかなー
・アンジュ:話はよくわからんけどとりあえず風呂シーンの情熱はわかった

■秋アニメ
一部作品の予定変更が話題となってるけど、消費側は買わない製作は作れないとなっては、もはや誰のためのアニメなのか。
ポルノ紛いの産業だとかいう以前のクールジャパンの問題に今直面している気がしなくもない…。

・イゼッタ:構成吉野ということで最後まで安心してはならない
・トリックスター:明智だの怪人二十面相だの乱歩作品のキーワード出してるだけで乱歩へのリスペクトはまるで感じない
・WWW:犬組に比べて引っ掛かりはきついけど黙って見とけって言うから静観
・まとい:ケンゴローの方が面白いから観れてない
・ユーフォ:京アニだから見てるけど、そんなに好きではない
・フリフラ:なんとも筆舌に困る内容だが中毒性はすごい
・舟を編む:久々にノイタミナらしい題材だと思う
・ガリナン:こんな業界批判めいた企画やる前に現行の話を畳めとかもう少し人気作をパクろうとする姿勢を隠せとか色々言いたいが、こんなん通っちゃうのがまさに末期的
・亜人:映画は見てません
・オカ9:まあ話の落としどころが謎だがいとうかなこのOP曲が好き
・ブブキ:1期ボロクソに言ったのに何故まだ観てるんだろうね…


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。