スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぐ映画とか誘うのは

2008年12月19日 01:34

何時間でも時間潰せそうな気がする、げに恐ろしき本屋の魔力ッ……!!
しかし、JR大阪駅前のジュンク堂は如何せん小奇麗過ぎてどうにも落ちつかねえやw
地方都市の端っことかにある、ちょっと大きいくらいの書店が身の丈に合う感じ。

なんとなく、古い文学とか読んでみたいなーと思った。
そういえば世間は映画『レッドクリフ』による三国志ブーム。
架空戦記P各位が揃って推す、北方謙三のも置いてました。今まで探してても無かったのによ。
だが、残念だったな。俺はブームには過ぎてから乗るタイプなのさ!
……ま、別にミーハーと思われたくないわけではなく、すぐに飛びついて散財するのを損に思う性質故の消極策。
そんなわけで三国志つながりから、三国演義が属す『四大古典小説』の一つである、
紅楼夢なんかあったら良いなと思って探したけど……無えなぁ。ちなみに紅楼夢でぐぐると案の定東方のイベントがトップである。
他の水滸伝も西遊記も超メジャーなんだが、紅楼夢と、あと『四大奇書』である金瓶梅は殆ど見ない。

二次元文化を語る上で、よく「源氏物語はハーレムエロゲ」だとか言われるし、
その辺に触手を伸ばしてみても、割かし面白いんじゃないかなと。
だが、残念なことに受験生だった頃は古文漢文を大の苦手にしていてな……殆ど現国無双で乗り切ったよ。
まぁ、逆に得意な科目のが少なかった気がするけど。
んなもんで、読むならせめて現代訳版が良いね。

しまった、オチが無い……。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/297-965e1ef9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。