きのう ベッドで悩んだことは

2009年05月10日 00:20

赤星……満身創痍の中で守備に細かい綻びが散見してるので、早いとこ下から若手を持って来ないと危険。
関本……よくやってると思う。でもサードかセカンドならもっと守備は安定してたはず。多分。
鳥谷……在京球団相手に打て。
金本……打撃は仕方ないにしても守備が見てらんない。今年いっぱい持てば奇跡じゃないかなぁ……。
新井……今岡に比べたらマシ程度じゃ来た意味が無いだろと。あと、フルイニングは諦めろ。
林……まあ、1試合じゃなんとも。内容はそんなに悪くないと思う。
藤本……正直、3-1程度じゃ救世主にもならん。
狩野……守りではよくやってるが、ちょっと打撃が重症くさい。

とにかく打線だな。7回3失点じゃ責められん。

あの金本の守備はまあ仕方ない。無失点で4番下げるわけにはいかんし。
ただ、あれ見てなんとかしないといかんなと思ったのは多分首脳陣だってわかってるはず。
何をって、外野に守備要員が居ないんだよ。
○○ならあの当たりを捕球していたと確実に保証できたという選手が、一軍に居ない。
その辺も、岡田がスペシャリストを排斥した功罪だと思うけどな。
守備が悪いと言って桜井を下に塩漬けにして、こうして上に上がってきてどうなってる。
とても全イニング任せても問題ないというレベルじゃない。何のための育成だと。

9人全員が不動のレギュラーなんざありえない。そのくせ今岡に幻想持ってあのざまだろ。
もう一つ言えば、守備を軽視してでも打てるのを探しておけばフォードやメンチなんて来なかったんだよ。
フロント批判も大概したが、それ以上に監督が求めるものが高度すぎるのも悪い。
中村豊以降、守備型の選手が居ないことの重さをもう一度考えるべき。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/441-7dbd212e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事