鞭打つわ真っ赤な証明

2009年06月26日 01:39

ぶっちゃけると陵辱ゲーやんないから、それがなくなることは痛くないんだけどね。
恐れるのは流れ弾が来ること。現に「生徒会」という全く関係ないありふれたフレーズを禁止事項にしたようだし。
だから、陵辱ゲー問題と児童ポルノを一緒にして話を進めるなと……。あーもう。

各所見れば一発だが、まぁ要点をまとめるとだ。

・なんで問題指摘が海外発で日本はスルーなのか
そもそも海外では発売されていないので、まず海外から指摘が来たこと自体を問題視しないとおかしい。
制作したメーカーを責めるのはその次。

・結局、陵辱ゲーは現実のレイプを助長するのか
どっちもデータが出せていない。何か出ていたとしてもどっちにも解釈出来るもの。
まぁ、そんないい加減なものは出した方の負けだと思う。

・影響力で言えばAVの方が遥かに大きいと思うんだけど
このまま話が進むのならば時間の問題だと思われる。

・何歳までが児童ポルノにあたるのか
出所不明だが、18歳という話があるとかなんとか。
いわゆるエロ画像ならともかく、水着写真を含んでいるのにこんな設定にしたらグラビア界絶滅ですよねー。

・単純所持禁止ってどうやるのか
想像だが、本気で片っ端から検閲して一網打尽か私的な裁量か。
前者は現実的じゃないし、後者はそもそも法と呼べるもんじゃないねぇ。
まぁ、そんなことになったらせめて外に持ち歩くのは控えれば良いんじゃないですかね。

・そもそも単純所持禁止の効果の程は
私観だが、カナダと他国を比較すると数字の上ではむしろ逆効果なんじゃないかなと思う。

・日本の性的犯罪はどういう状態か
1960年代と比較すると近年はだいたい1/10程に減少。何の影響かは知らないけども。
ただ単に検挙率が下がっているのではという指摘もあるが、
まぁそれ考慮しても1/10になるかは非常に懐疑的。
というか、少年犯罪は大幅な検挙率低下を指摘されてるが性犯罪もそうなのか?

・表現の自由としか反論出来ないのか。第一、わかってて使ってるのか
むしろその一点で十分すぎる。現に「それはこの問題に当てはまらない」という指摘を見たことがないな。
要は自由に創作をし、楽しめる権利。
極論を言えば、クロスオーバーでもU-1でも本来はこれに基づいて保護されるべきもの。
ただ、創作への評価も表現の自由なんだから、「つまんねーよ」と言われて廃れる部分をどうにかしろってのは無理な話。
まぁ、レイプゲーも需要が無かったら問題視もされてなかったんじゃないの。
つっても、ひとえに陵辱といっても犯し尽くして終わりみたいなゲームばっかじゃないしな。
レイプを題材にした、問題提起のような作品があったとしてそれを禁止するのか?帝国主義気取り?

・公序良俗が問題
それはゾーニングやレーティングで解決すべきことであって規制の正当性にはあたらない。
風俗が駅前や住宅地にあったら困るが、裏通りに集まってる分には何の問題もないということ。

・反対している議員、党は?
社民マジお勧め。共産でも良いが、明確に反対しているのは社民のみ。
民主もなんだかんだで規制賛成派とか居るんで、基本は社民。
逆に、自公の女性議員はまず全滅と言っていい。


といったところ。まぁ、また何か動いたら更新していこうかね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/469-c65b217b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事