波の中へ飛び込みたい

2008年06月10日 02:12

案の定、忙殺寸前(早
テンションと作業効率は嫌でも比例するけど、俺の場合その関係式は整数よりも指数的なグラフを描いてるかもしれない。

話変わって、ネタは生き物だという表現をよく聞く。
その場で最高のネタだと思ったけど、数時間で大したことないと思うことはよくある。
つまりは、思いついたらさっさとやれってことなんだけど、ここまで鈍行だと=ネタ作れないという証明なのでは。
……まぁ、今の自分が全く笑えなくても、過去の自分を笑わせたのならゴーサイン出しても良いんじゃないかいう気もするけど。

それ以上に、他と被ったら終わりっていうのがきついね。ネタなんていつ考えてようが発表が遅れりゃパクリ同然ですから。
例えば、雪歩に穴掘らせるポケモン持たせるなんてネタはむらたんPや事務リーダーPがとっくに通り過ぎた道なんですよ。
そこで外しに掛かるか、あえて被せてその中でオリジナリティを出すか。
だけど、修正を要する事態に直面するまでに大幅に且つ自信満々に切り込めば切り込んでいるほど外せない罠。
分の悪い真っ向勝負なんてやっても仕方ないってのに。

それとは別に、シナリオが段々膨張してきて収拾が大変なことに。
どうすんだよ。ここまで風呂敷広げられねーよ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/47-2e7cdc16
    この記事へのトラックバック


    最近の記事