お楽しみまだこれから

2009年07月08日 04:24

児ポ法改正への動きの再燃の発端として、海外にエロゲが流れたことにあるけど、
流れるということは当然ながら消費するのが居るわけで。
それにあわせて海外からのアクセス規制するメーカーが出現して海外オタ発狂、
という流れも、今回の問題の一部として知っておいても損はない。
「問題が起こったのはソフトハウスは海外流出への対策を講じていない為だ」という露骨なメーカー潰しへの反論になり得るし。

そもそもそんなのが大量に湧いてるのは割れじゃないのかと。それでなんで偉そうなんだよ。
……いや、まぁ、和オタの思考回路も正直同レベルに落ちてると思うがな。残念ながら。

しかし、日本のオタ文化について海外連中はどれ程の理解を示しているのやら。
普遍的なコンシューマゲーとごっちゃにしてる節があると個人的には思うのだけど、
実際は確たる隔たりが存在しているので、推測が正しいならその辺勘違いしないで欲しいところ。
あと、日本人の精神ってのが海外オタにどれほど浸透しているのか。
まだアジアはニコに散見する台湾絵師とか韓国発のMMOとか見ると、微妙に独自のテイストを含みつつも理解を示しているのはわかるけども、
欧米に関しては、それこそ児ポ規制が鬼のように厳しい代表格とあってどうしても首を傾げる。
洋ゲーなんて女もガチムチですもんね。抱きすくめたら折れそうな大和撫子を表現してる創作見たことないですものね。
同人にはそういうものもあると聞くけど、正直あれは「まぁ有りかな」とは思ってもスタンダードにはなり得ないかと……。
そういや、洋ゲーの女キャラを日本向けにコラしたところ、開発者がわかってないなと反応していた話もあったね。

つか、同人で満足するなら良いけど、需要があるならば自分達で作れば良いのにね。
コンシューマは技術がものを言うと思うけど、萌えゲーってのは美術だと思うのよね。
その美麗さに追われて技術が疎かなのが今のスクエニだと思うし、
洋ゲーのゲーム性ってのは今の和ゲーに欠落してるものなんだろう。
その逆として、海外製作者の感性が日本のオタのそれに追いついていないとしても、
自国に需要があるのであれば精錬されていくだろうし。
日本だって海外の技術に負けないようにしてるはずなんだから。

要するに日本のエロゲ自主規制で文句言う海外オタに言いたいのは、
・割るな。買え
・英訳パッチ作ってまでやるくらいなら自分で作れ
・妹萌えも理解出来んような連中が日本のオタ文化を知った気になるな
といったところか。
まぁ、日本の今の文化だって一朝一夕で培われたものでもないし、
今から海外が追いつこうとなると時間はかかると思うけど。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/472-071bac30
    この記事へのトラックバック


    最近の記事