泣きそうな思いを乗り越えたら

2009年10月28日 02:08

■野球
先の報道の通り、城島獲得ということですが。スポニチ涙目が見たかったのに
まぁ、非常に胸くその悪い一連だった。
特に真弓の言動。もう今までのプラス評価が吹っ飛ぶくらいに。
今年不本意な順位であったけども、
俺が大きく不満を感じなかったのは育成への着手ということにしっかりと取り組んでいたからだったのに、
オフになって城島の退団報道、坂井・南のW脳天気が飛びついたところに相乗り。

「優勝に必要な戦力です!ぜひ獲ってください!!」

……ドン引きしたね。
お前の言う育成って1年で放棄できるもんだったのかと。
もしくは5月の坂井の世紀のクソ提言のせいでかき乱されたのか。
どっちにしろ、この一連で終ぞ矢野・狩野らの名前が、
交渉に動いた3人から聞かれることが無かったという時点で絶望くさいな。
何がって、競争の可能性が。

働かない今岡を4年も面倒見て、
去年1年限りだった桧山に早くも来年の継続を決めて、
少し前には片岡を本人の納得が行くまでやらせて。
情に厚いというか、甘い球団だと言われているけど、
その甘さの一方で冷遇を被る若手が居るという、構造のおかしい球団なんですよ。
来年も金本はフルイニングです。何故か新井もフルイニングです。
鳥谷に代打出すとマスゴミから猛バッシングを受けます。
とっくに終了してる福原に今後もチャンスは与えられます。
来年も糞外人が来て前半桜井の出番を棒に振ります。
せめてそれらどうっでもいい、自縄自縛にしか思えない、
当人らしか喜ばない、チームの為とは到底思えない優遇をやめることを真弓には望んでいたのに。

「これじゃ巨人と変わらないな」なんて意見も散見するけど、
実際のところは巨人は巨人でも、90年代よりも堀内時代のチームの根本が逝ってる頃のに近い。
そんなもんが城島一人で変わるもんかね。

こんな、暗に今年の低迷は狩野が足を引っ張った、それか矢野が離脱したことだけに着目するかのような、
陰湿とも受け取れる交渉劇の好結果によって来年何が変わるというのか。

そもそも新井だって要らなかったんだよなぁ…。林が怪我して結果的に必要にはなってたけど、
前年3位で補強しなきゃ優勝が出来ないかって必ずしもそんなこと無かったはずなんだけども。

おそらく来年は今年ほど試合観ないと思います。
勝っても面白くない、ということを確信しているんで。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/487-10fd0a71
    この記事へのトラックバック


    最近の記事