BRAND NEW TOUCH 終わらない

2011年01月19日 01:42

■昨今のスクエニのスクの部分
LoAでこけ、FMEでこけ、T3Bでこけ、そして満を持して送るはずだったFF14でもこけ、
本格的に終わったメーカーのレッテルを貼られてもおかしくないところなのだが、
今度は、よりによって13の続編という究極の自慰展開を始めるようで。

唯一今のところ楽しみにしてるのが、毎月配信している携帯アプリのFFレジェンズなんですが、
まぁ、これだって別に絶賛は間違ってもしません。
システム的にはリスペクトしている5の絶妙なバランスを踏襲できていないし、
アイテムコンプを考えると、ポータブルのオフゲーにしては狂ったドロップ率が設定されてるらしいし。

ただまぁ、かつて人気を博してきた頃のブランドの色をちゃんと把握している。
そんな低きハードルは少なくとも超えているという点で、
わざわざ安くない金払って契約継続する意義はまぁ感じられるかな、と。
まぁ、イベントでも旧作(特に1)を意識してるところが強いから、懐かしさは感じて然るべきなんだけども。
ただし、これが 外 注 という現実。もう本当に駄目かもわからんね。

話変わるけど、携帯ゲームが某2社によって盛り上がってる空気があるけども、
あれ、全キャリアってことはアプリじゃなくてFlashでしょ?
決して古くない俺の機種でもストレスたまりまくりのレスポンスなのに、よくまぁあんなもん流行るなと思う。

■送信のメディアリテラシー
どこぞのホテルのバイトが有名人の動向を晒して炎上。
私的な謝罪文すら(そもそもあんまり謝ってないが)流れるし、
こいつの付き合いはどうなっとるんだと。
それにしてもこうして顔も本名も勤め先も自ら明かしてる奴の目的がわからん。
単なる迂闊とかじゃなく、理由はあるはずだが。
SNSを出逢い系かなんかと勘違いしてんのかえ。

あと、どこぞの終わコン声優は親に領収書貰ったとか書いててこれまた騒ぎ起こしてたな。
というか、こいつについてはネット記者に張られてるのを知ってて、
わざとこの手の奇行を起こして話題作ってる節がちょっと感じられるけども。
そりゃ、俺だってやるよ。経費で落としてもらうなんざ。でも後ろめたさがあるから何に使ったかなんか公言しねえわ普通。

しかし、mixiとかでもそうだったが、未成熟のコミュニティは毎度同じ道辿るんだな、と…。
というか、ネチケットとか言ってた時代から大して変わってないんだから、そういう教育は早期にやった方がいい。

■受信のメディアリテラシー
チャンネル桜が件の都条例に肯定的という話を聞いて、右とか左とかの二元論で思考停止するのはもうやめた。
真偽の裏取りはやってないけど、まぁ有り得る反応をするところだし。
ただ、今の日本に薄汚い人間が集まってるのは比較的左のが割合高いという認識は変わらんが。

ていうか、政策よりも政局を嬉々として論うというメディア先導による政治の低俗化はどうにかして止めないといけない。
その確実な方策は、各個様々なメディアを比較して理解すること。地味だがそれに尽きる。
政府を糾弾する可能性のある組織として力を丸ごと奪うわけには行かないが、かといってこのまま放っておいても、
変な方向に行って信頼を自ら貶めてるところがそのまま潰れるという本末転倒になりかねない。
そこで消費者の意識を少しずつ高めて、報道のレベルを上げようと。まぁ、妄想なんですけどね。

ただ時間的に厳しいっつーのはあるんだよねぇ……。だから情報集積の場は欲しいんだけども、そこに注目が集まれば、
また特定の思想が濃縮されていって攻守が入れ替わるだけに過ぎないと……。

まぁ、要するに、就職氷河期で喘いでるゆとりを上から目線で笑ってる場合じゃねえんだよと。

■FA依存症
ラジオ「小林来て欲しいですね~。やっぱり後ろが弱いですから。もう、野手は要らないんで投手を、ね」

肘ぶっ壊れてるって噂のあるPに本気でラブコールって、メンタリティが暗黒時代のそれと一緒ですやん。
ていうか、去年のあんなもんを仮に1枚まともな後ろ増やしたところで変わらないという分析は誰かしたのか?
それとも、ボールが変わるからという楽観で押し切るか?

殆どストーブリーグの情報見てなくて、キャンプも今年はおそらく追えそうにないが、
多分、去年と投手成績は大して変わんねえんじゃねえかなぁと今から強く思ってる。
まぁ、そんな成績でもBクラスにさえ落ちなきゃ御の字か。今だけを考えればな。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/560-30912d15
    この記事へのトラックバック


    最近の記事