スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

And stay forever.

2011年02月23日 03:09

■東方人気投票
今年は投票しなかったけど、結果見て吹いた。
ファンの根強さに感心すると共に、なんていうか、
公式の存在意義って何なんだろうと思ったり思わなかったり。

■野球
まだこの時期じゃ野手がカス揃いなのもやむなしなんだけども、
それにしても柴田の成長性の見えなさといい、森田の伸び代そのものの無さといい、
色々と目につく範囲で頭を抱えたくなるものがある。
まぁ、高濱はよくやっとるね。こいつは本当に怪我さえしなけりゃ上呼ばれるのに。

あと秋山が案の定上園コース(自己流でイジってドツボ)に入ってこれまた頭が痛い。

今のところあまり見るものがないだけに、せめてオープン戦で弾けてくれるのが出てくれんものか。

■レビュー
先日買ったのがラブコメばかりと言ったけど、そのジャンルを無節操に貪るわけでもなくて、
なんていうか、登場人物が少なくて且つラッキースケベの無いものを好む傾向にあると気付いた。
別にToLoveるをディスってるわけではないんだけども、
多いとその分1キャラにかけられる描写が減るのが勿体ないと感じる。
まぁ、不人気を置き去りにして結局絞ることにはなるんだけども、それはそれでキャラが勿体ない。
後者については、生殺しを見るくらいなら薄い本で補完したいというだけの話。
以上、自分語り。

・空色スクエア。<完結>
アイマスでもやよいとか千早の同人描いてた人、の初の連載。

記憶喪失の幼馴染「深雪」を見守ってた主人公「修一」の元に、現役アイドルの幼馴染「文香」が帰郷。
仕事への不安から逃げ出すように帰ってきた文香だが、深雪とはやや険悪な関係に。
ようやく和解に漕ぎ着けるも、悩みへの踏ん切りがつかないまま仕事に復帰することに。
そこで深雪の記憶が戻って、さあどうなる。

という話。なんか色々と影響受けてる様子が導入の設定だけでもよくわかる。
こう書くと主人公が空気だけど、実際「見守ってた」の一言に行動の大半が集約されてるから困る。
2巻あたりで修一が深雪に嘘ついてまで気を使ったことで究極的にギスりだしたときは凄い面白かったんだけど、
そこから記憶が戻ってキャラまで変わってそのままという結末に、なんか釈然としないものがある。
別に戻ったからって口調までロリ期に還らなくても。
ていうか最終巻の停滞振りを見るにおそらく、記憶戻したはいいけど落としどころに困ってたんだと思う。
それか打ち切り決まって畳みきれずにまとめることになったか。でも後者にしては動かなさ過ぎじゃねーかな、と…。

まぁ、とらのあなのフリーペーパーで毎号フェチ満載のカラーページ寄稿してたりしてたりして、
絵の方は相当満足度の高い作品だったと思われます。

・屋上姫
掲載誌からして聞いたことないけど、前作がOVA化もされてる作者ということで期待度はひそかに高い。
おそらく、全体通して見て初めて初期の描写がわかるという作品だと思うので、今のところレビューは差し控え。

・カウントラブル
すごく題名がカスってるけど、気にするな。
こまけえところで矛盾だらけだったり、キャラが同じようなやりとりを何度もしたりと、
ろくに過去の原稿見返してないのがバレバレだが、それも気にするな。
人が寄らないという設定からダウナーかと思いきや結構無邪気で怒るときは怒ったり、
完璧美少女という触書なのに結構欠点が露呈されたりと、ヒロインを可愛く描くことに関してはかなり注力されてる。

あとはまぁ、魔法で直接近づくことに失敗しまくって主人公が天使の無能を嘆いてるにも関わらず、
魔法発動に必要な条件を満たす過程で順調に関係を築いていることに、主人公自身はまず気付いていないというところが面白い。
何でも即物的なものは長く続かないという教訓か。

要するにキャラ萌えとしては相当の良品だと推薦したいのだが、
如何せんターゲットは明確に1人(奥手の幼馴染も付いてるが奥手過ぎるのでまず噛ませ)なので、
そこに嵌まらなければ向かない。ただし、アンケでも調子良いらしいので、ニッチではないはず。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/564-43965732
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。