「夢」は「今」を願う

2011年12月16日 03:30

■ただのエロアニメ
最後の暗喩はギャグかと思った。

まぁ、愛理ルートだともっと酷いことになってたがな!
円盤売れるといいね……展開が続くという意味で。

■ラノベ
精霊使いの剣舞2巻読了。あんだけ酷評しといて買ったんかいと言われそうだが、あれだ。気の迷い。

描写の雑さはよくなったと思うが、それでも文は下手くそと言わざるを得ない。
大してテンポも求められてない場面ですら改行に次ぐ改行で段落だらけになってるところとか。
おかげですっごい読むの早くなるわー。

そもそもキャラ物と割り切るにしても、消化不良の感が強い。
基本的に、関係性と属性だけでキャラが成り立ってると思い込んでるだろ、この作者。
気性が荒けりゃ対立構造作りやすいだろうみたいな。とりあえずメシマズにしとけば残念美少女になるだろうみたいな。
あとは、恋愛要素を挟むにしても気持ちを重ねていけばいいものを、
一発命を救って落ちたみたいなそういう方向の残念さが前面に出てて、とてもじゃないが好きになれない。ほぼ全員。

しかし現実は売れてんすね、これ……。
後書きで作者が「ラノベとはこんなに楽しいものだと思えることを目指した」みたいなこと書いてるが、
これで満足させられるのなら、さすがに読者ナメすぎじゃないだろうかと思うんだが……売れてんだよなぁ……。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/592-9e482c67
    この記事へのトラックバック


    最近の記事