新しい未来追いかけながら

2012年05月30日 03:48

■要総浚い
芸人生保問題について。義憤に燃えるネットユーザーが、この件を半端に擁護する芸人に悉く噛みついてる様で。
凸だ炎上だのって基本的にはアホかと思ってるけど、この一連は擁護自体がおかしいというのも一理あるんで仕方ないと見てる。
ていうか本人もそうだが、吉本の対応の悪さにはちょっとヒくね。
お笑いブーム終了とかの逆風で変な焦りが出てるのかも知れないが、テレビが誠実にやらんでどうするんだと思った。

■ジャンプ
恋染紅葉の新キャラは嫌いじゃない。むしろ、エロゲに居たら必ず攻略したくなるタイプですなあ……。
というのはともかくとして、ニセコイが軌道に乗り始めてる以上、ラブコメの後発としては差別化が必要となるわけですよ。
そこで(サブ)ヒロインの傾向を大きく変えてみたというのは、面白いんじゃないだろうか。うん。
というわけで個人的には推してる作品。
まあ、傾向変えただけで生き残れたら、先のサッカー漫画は全滅してないがな!

■ラノベ
「東雲侑子は全ての小説をあいしつづける」読了。やっぱり予想通り完結でした。
1巻を一読した時から、この作品は引き延ばさずに綺麗に終わるべきだと言ってきたけども、
作者および編集も共通の意を持っていたことに感謝したいと思う。

しかし、自分でも不思議だけど、何がそんなに惹き付けられたのだろうか。
終始一途だったということは確かに素晴らしいのだけども、かといってトライアングル全否定はしたくないし、
性欲についてモロに描写してあるのは確かに特異ではあるんだが、そこが素晴らしいというのもちょっと違うような……。
文全体が綺麗だっつーのは限りなく思うんだけど、そんなファジーな理由はちょっと……。
まあ、書店員にもそこそこ推されてるみたいなんで、各自考えてみればいいと思うよ(逃避)

ちょっと今月、ガガガのを2冊衝動買いしたけど、どうしよう。
買ってから冷静になってみたら全然読む気起こんねえ。

■モバマス
ガラケーだし金も無いんで実際にプレーはしとりませんが、pixivやらなんやらで目についたんでちょいちょい興味は持ってきた。
始めはキャラ多すぎだし没個性だらけでわかんねーよと思ってたが、そこは東方と同様に二次フィルターの力でカヴァー。
すると結構愛らしく思えてきた不思議。まあ、マイナス感情から始まってもプラスに振れることはあるってことさね。
んでまあ、大体把握して来れたところなんで、ソートで個人的ランキングを出してみたところ、以下のように。

1 新田美波
2 高森藍子
3 榊原里美
4 水本ゆかり
5 緒方智絵里
6 北条加蓮
7 川島瑞樹
8 小日向美穂
9 櫻井桃華
10 佐城雪美

10位以外は大体自分でも納得だろうか。
まあ、見事に大人しい目の子が多い。パッション一人という結果から見ても歴然だろうし。
とはいえ今後新キャラとか入ってくるとまた違ってくるか。ていうか新田ちゃんがそもそも新参だしね。

ちなみに用いたソートはちょっと行方不明になったんで、各自探すように。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/612-27409da2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事