スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はにかみながら 目をふせて

2013年11月26日 03:27

■感想

・「銃皇無尽のファフニール」1
「女しか居ないはずの異能空間に何故か主人公だけが」という手垢べっとり設定だけど、
意外とシリアス成分がしっかりしていたのは評価点。
強いて苦言を呈すなら、ドラゴンや兵器なんか梱枝りこが描けると思えないのに、
女キャラの為だけに起用したのはどうかと思う。絵買いしといてなんだけど。

・「ホーンテッド・キャンパス」1
なんか適当なホラー雑学をパロディと一緒にだらだらと喋らせながら、
どうとでも後付けの出来る怪奇現象の理由を明かして、はい終わりという短編集。
ホラーなんか初めて読むけど、これが本格とは程遠いことはわかる。

タレーランにも言えたが、こういうのはなんなの。
評価されてることにしてるのか。評価せざるを得ないほどレベルが酷いのか。

・「魔王なあの娘と村人A」6
別にこっちがパターンに慣れたわけでもなんでもなく、意外性が全く無かった。
え、これで問題解決しちゃうのっていう。
もうちょっとそういうところ繊細な作者だと思っていたんだけど。まあ多忙だし仕方ない…か?

・「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」8
今回は良かったと思う。八幡の自傷だけで問題解決を図らなかったことが。
ただ、以前メインストリームの関係は丁寧で好感が持てると書いたけど、そこは撤回したくなってきた。
八幡自身が有耶無耶のぶち壊しで先延ばしにするのが正解っつってるのがそのまま作者のメタなんだろうか、
400ページ近く使って殆どそこに切り込んでいないのはラブコメとしては最悪とすら言いたい。
作中の残り時間考えると、現段階で判明してる部分で主人公の心情整理ばっかしてる場合じゃないと思うが…、
さて、完結する頃にはどうなっているやら。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://unknown5.blog39.fc2.com/tb.php/629-f338e8fe
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。